はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

20代の人間は何の情報を発信できるのか

よく考えたら、やっぱり、人生の経験値がないので、偉いこと言えないんですよね。

本が売れるのって、結局才能が凄い人や、人生経験豊富な人たちのおかげなんですよね。

 

しかも、人生の先輩は当たり前だけど、全員20代を経験しているというタチの悪さ。

「オレの価値っていったい・・・」

すると、必然的に、肉体的な価値に目がいきますよね。

人生の先輩に勝てる所なんて、所詮「美」くらいなんですよ。

 

今「美」であること。それが全てなんだな。そう思うときもあります。

そのうち僕のなかで「美」と「人生の経験値」が置き換わる。美から経験値へ。そのエントロピーは増大をとどまるところをしらない。

 

でも、なんだかむなしいものです。

知識人のような人間にはなりたくない。かといって平凡にもなりたくない。

 

お酒を飲むとつい感情的になります。

結局、価値がないもんだから、「おっさん」「おばさん」と罵って軽蔑し、自分の価値を上げようともがく。守ろうとする。

 

男なんて、女と比べたら若さに価値なんてそれほどない。

でもなんで価値が欲しいんですかね。

価値、価値、成功、成功。

 

これまた疑問ですね。自信はあるのに、価値のなさに虚しさを感じる今日この頃。