はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

僕が毎日、ビジネス本と成功本を貪ってた頃の話をしたい。

特に結論などはない。

ただの物語に過ぎない。

時は2017年。

 

僕は誰もが認める一流ホテルに転職した。

「ここから俺の人生は始まる」

社員証を眺めながらニヤニヤしていたのを覚えている。

 

ホリエモンキングコング西野・幻冬舎社長・サイバーエージェント社長・斎藤1人・里中李生さん・その他経営者・成功者の本を大量に買い込んだ。

これで俺も一流の仲間入りを果たしてやる。

 

「一流の人間はジャンクフードを食べない。」

僕はマクドナルドを、松屋を、サイゼリヤを軽蔑した。

「レベルの高い人間とだけ付き合え」

僕は同窓会で再会した地元の仲間を切り捨てた。

「こんな平凡なクソとはもうお別れだ。」

僕は無駄な時間を読書に費やした。

スマホばかりいじってるとオナホみたいな野郎になる。」

僕はファッションを変えた。

ユニクロなんて底辺。伊勢丹に行こう。」

僕は引っ越した。

「家賃7万がなんや。もっと稼げばいいだけなんや。」

僕は残業と夜勤を積極的にした。

「稼いで稼いで稼ぎまくる。」

合コン受けは良かった。

「俺はもっと上の人間になるよ、こんなのただの過程だからさ。」

「すごいですう~、私もそのホテル行きたいですう~」

僕は向上心の高い者の集まりに参加した。

「転職9回したよ。そろそろ独立できる。」

「今は派遣だけど、電通でいろいろ勉強できてる」

「そろそろカフェを経営しようかなと思ってる」

「年収1億の人と今度会ってみない?」

確かに、彼らが凄かったとは思えないがそこには熱があった。

 

しかしうまくはいかなかった。

電車に乗れなくなってしまった。

電車のドアが閉まると吐き気がひどくなりパニックになった。

「なぜだ・・・」

 

そして、最悪の事態が起きた。

「もう、来れないんだね。あたしは次のステージに行くから。じゃあね」

あっさりコミュニティから切り捨てられたのだ。

 

地元の友・ビジネスの仲間・健康・夢、いろんなものを失った。

ラインが壊れた。

引き継ぎを失敗した。

ゼロになった。

 

そして職を失う。

若き日の挫折。