問い屋さん。読書の「力」を発信するブログ

「INPUT・OUTPUT・読書 (哲学・数学・認知科学・文学・心理学・芸術・色彩心理学・神経言語学など) 」を通じて人生の武器になる強力な問いを提供。問屋ではない。そうは問屋が卸さない。人生は草。楽しく行こう。

自分が何をしたいのかわからない人へ。貴方は何に怒りを感じますか?

怒りとは複雑なものです。

ただのイライラとは性質が違います。

イライラは噴火。怒りはマグマのようにたまっているのです。

 

「くそやろう!」

それは誰にたいしての発言ですか?馬鹿にされたのが悔しいのですか?

だったら、馬鹿にされた人を部下にするのが正解では。

 

「くそやろう!」

僕は、医者の子供が医者になり、公務員の子が公務員になり、会社員の子が会社員になり、全てではないですが、「蛙の子は蛙」に怒りを感じます。その最たる例として、

「シングルマザーの子もシングルマザー」の例が増えたなと感じます。

※個人の感想です。

僕は、シングルマザーの子が医者になる。または弁護士になる。または社長になる。そんな世の中にしたい。それが正解でなくとも、正解であってもどうでもいい。そもそも資本主義とか民主主義とか、マシなだけであって万能ではない・・・!

下剋上を量産したい。革命を起こしたい。まーー政治家の仕事ですかね、それは。

いや、政治家の力量では無理かもしれない。僕は考えました。とりあえず研究して論文出して、社会にインパクトを与えることしかできないや、と。

 

まだまだ模索中です。社労士になろうと思いましたが、僕の嫌いな会社を助ける仕事だということを知って即諦めました。

世の中ITですか。AIですか。医学ですか。

文学の戦闘力をあげていきたい・・・

 

文学とは決して弱さじゃねえ・・・!