はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

ルフィが海賊王になりたい理由って実はまだわかっていないんです

これを考察することは、実は物凄くためになるのでは、と思います

 

Youtuberになりたい!

有名になりたい!

これって、要するに「大金が欲しい!」なんですね

承認欲求の謎を説明しますね

人は普段から他人のことなんてあまり気にしないですよね

逆に気にしていたらストーカーになっちゃいます

で、要するに他人は「どうでもいい存在」なんですね

その「どうでもいい存在」に認められることによって自分に満足したい。どうでもいい存在という意味では空気も同然。もはや無です。つまり矛盾してて、要するに大金が欲しい!をオブラートに包んでいるだけなんですね。

 

話は戻り、、

なぜルフィは海賊王になりたいのでしょうか

当然、彼はお金・名声・権力といったことには興味がないです

「この海で一番自由な奴が海賊王だ」

ルフィは52巻でそういっているんですね。これがとてもポイントかなと思うのです

一番自由な奴・・・

自由・・・

また、ルフィは「つまらない冒険はしない」とも言ってます

 

しかし、何のために過酷な冒険をするのか

グランドライン後半の新世界では「生と死」は紙一重です

彼は、ローグタウンでバギー一味に殺されると悟った瞬間、にっこりと笑いました

「わりいオレ死んだ」

彼はグランドラインに入る前に既に死を受け入れました

ここもポイントかなと思います

 

中学生の頃バカにしていたワンピースは実はとんでもなく深い漫画だったのです

 

ルフィの行動の指針は

・一度決めた目標は必ず達成する、その過程で失敗して死ぬならそれでいい

・楽しいと思うほうに行く

・仲間は目標達成に必要

・約束は絶対守る

など挙げられます

 

いやー。余計わからなくなりましたね

 

さて、どう思いますか