はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2022-04-17から1日間の記事一覧

読書日記296

上野千鶴子『思想をかたちにする:上野千鶴子対談集』青土社(2015年)を読む。 個人的に青土社は面白い本をよく出しているように思う。 本のデザインや肌触りも良い。 きっと優秀な人たちが沢山いるのだろうなと思わせる。 第2章を読む。 団塊世代にまつわる…

読書日記295

ヴィクトーア・フォン・ヴァイツゼカー『自然と精神/出会いと決断 ある医師の回想』を100項弱まで読む。 nainaiteiyan.hatenablog.com 圧覚と呼ばれる感覚の閾値可変性について話が進む。 院試の勉強をしていたときに、ヴェーバーの法則などいろいろ覚えたこ…

閾値と価格とメルカリ

これからメルカリを始めてみようと思う方にアドバイスをしたい。 徐々に温度を上げても蛙は気づかずに茹で上がってしまうというのは有名だが、これは人間の心理にも当てはまるのではないかと思う日々である。 消費税が10%となってだいぶ時間が経った。 私た…

読書日記294

ヴィクトーア・フォン・ヴァイツゼカー『自然と精神/出会いと決断 ある医師の回想』法政大学出版局(2020年)を読む。 分厚いので感想は次回に書き残す。 精神医学に関する、今日思ったことをだらだらと書きたい。 僕は「脳科学的に正しい生き方」という言葉を…

読書日記293

岡本太郎『自分の中に毒を持て』と、 池田晶子『考える日々』のつづきを読む。 nainaiteiyan.hatenablog.com 池田氏の朝日新聞に対する批判は痛快だ。 「ひらけ」 というキャッチコピーに呆れる。 「ああ、やっぱり今までひらいていなかったね」と。 大衆を…