はてなブログ大学文学部読書研究科

読書と哲学がメインです(毎日更新)

2022-02-20から1日間の記事一覧

読書日記137

ヴォルテール『哲学書簡』光文社古典新訳文庫((2017年)を読む。 今日はメルカリの売れ行きが好調だ。 有隣堂にて、奮発して3冊買う。 種痘について書かれている。 天然痘のワクチン(牛痘法)ができる前に既に存在していた。 サーカシア人が美貌を保つために…

読書日記136

デヴィッド・グレーバー『官僚制のユートピア』以文社(2017年)を読む。 僕は少しずつ要約するのではなく、本書のさわりとなる内容を把握することに努めた。 さて、この本は何を暴露するものなのか。 40ページほど読み進めた。 「規制緩和」のトリックについ…

読書日記135

中島義道『人生を<半分>降りる』ちくま文庫 プラトン『メノン』岩波文庫 小林秀雄『人生について』中公文庫 を読む。 メノンを読んで、知らないことを「知る」ことの不思議さについて思うことがあった。 知らないことが知っていることになる。 0が1になると…