はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2022-02-07から1日間の記事一覧

読書日記109

インベカヲリ☆『家族不適応殺 新幹線無差別傷犯、小島一郎の実像』角川書店(2021年)を読む。 登戸、京アニ、小田急線、京王線、センター試験。 無差別の犯行が多いようにみえる。その心理は単純か否か。 BOOK・OFFにあったので購入。 100ページほど読んでも…

リチャード・ランガム『善と悪のパラドックス : ヒトの進化<自己家畜化>の歴史』NTT出版(2020年)を読む

まず第一章を読み終える。 ざっくりまとめる。 本書はチンパンジーとボノボの行動研究の知見や歴史学、生物学などから人間の善悪を考察する本である。 チンパンジーは一般的に攻撃性が著しく高いとされ、ボノボはそれと対照で穏やかとされる。 一章の結論と…

読書日記108

松尾隆佑『ポスト政治の政治理論 : ステークホルダー・デモクラシーを編む』法政大学出版局(2019年)を読む。 今日では行政需要が多様化かつ細分化している状況にあるため、民間会社、非営利組織などと連携して需要を埋め合わせていく行政形態への転換期にあ…

読書日記107

こちらのつづきを読み進める。 nainaiteiyan.hatenablog.com 本日は第三章までを読み進めた。 ざっくりとまとめて感想を書きたい。 アメリカでは「反知性主義」というものが少なからず蔓延っている。 ポピュリズムと反知性主義が親和性を持つことによって、…