はてなブログ大学文学部

読書と哲学がメインです。(毎日更新中)

2022-01-20から1日間の記事一覧

物々交換という幻想

グレーバー『負債論』の第二章の中盤まで読み進める。 (非常にボリュームのある本なので、誤りを発見次第、訂正をしていく。60点をとり続ける気持ちで800ページを読み込んでいく。) nainaiteiyan.hatenablog.com 貨幣はいつ作られたのか?という問いに対し、…

読書日記46

三浦瑠麗『日本の分断 私たちの民主主義の未来について』文春新書(2021年)を読む。 この前に読んだ山口氏の『リベラルという病』で学んだアメリカの二大政党の予備知識があったため、それが理解を手助けするものになったと感じてる。 nainaiteiyan.hatenablo…

読書日記45

石川美子『ロラン・バルト』中公新書(2015年)を読む。 僕がこの本に関心を持った主な理由は、上野千鶴子氏の著書に時々ロラン・バルトのお話が出てきたためであった。 (こちらにも↓) nainaiteiyan.hatenablog.com 僕の見立てでは、上野氏が女子高校生を「記…

山口真由『リベラルという病』新潮新書(2017年)読了

こちらの続きである。 nainaiteiyan.hatenablog.com 薄い本ではあるものの、中身は非常にボリュームがある。 もし二回目を一読する機会が今後あれば、また違った印象を抱くかもしれない。 ・日本のリベラルとアメリカのリベラルの違い アメリカでは共和党と…