人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

2021-06-07から1日間の記事一覧

陰謀論は論破するつもりで読む

陰謀論系の本はだいたい2000円くらいで買えて、学術的なデータや考察に欠けるように見える。こちらとしては、論破するつもりで読む。必ず隠されたバイアスがある。~すべきだ。 全か無か。 押し付け。 拡大解釈。あげたらキリがない。クリティカルシンキング…

忍耐力を付けさせないことによる弊害

例えば洋式トイレになってから、不快な思いをすることが減ったように思われる。しかし便利さには負の側面がつきもの。衝動を抑えられずに犯罪に繋がるニュースをよく見る。100%本人のせいにするのは思考の停止であって、国民の為、などと綺麗事を言う前に物…

世界における日本の報道の自由度67位

これをどう見るか。僕は低いと見る。マスコミが100%悪いとは言えない。権威主義が問題である。お金、政治、権力、、、テレビばかり見ていると偏った考えを持ってしまう可能性がある。 かといってSNSに偏るのもよくない。バランスが大事である。 言論の自由が…

読書の効用

最近の感覚では、文章を高速で読めるようになった実感があります。また、リワーク関係でIQテストを受けたところ、総合評価で113という数字を叩き出したところも考慮すれば、良いこと尽くしなのは間違いないと思われます。言語理解の項目でも112を出していま…