人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

2020-09-04から1日間の記事一覧

菅義偉官房長官を応援したい。

恥ずかしながら政治はさっぱりわからない。 哲学・法哲学・文学・社会学には興味津々なのだが、政治学には全く興味がわかない。 政治とお金にはどうしても嫌なイメージがある。 ただ、給付金には感謝だ。公明党のトップの熱意によって実現したらしい。 創価…

タイトルと中身がまるで違う本『そして、みんなバカになった』

僕の目の前にこの本が現れた。 「最終局面に入った日本」 ほう。なにか、ヒントがありそうな本だ。 手に取る。 ん? 何かおかしい。 そう、バカという言葉が見当たらない。 「タイトルだけで売れた本があるんです」 その言葉がちらっと目に入った。 なんだよ…

『1冊3分で読めて、99パーセント忘れない読書術 瞬読』なんですかこれ(笑)

『存在と時間』3分で理解できますか?草 東京大学の人が、30年かかってようやく理解したかもしれない、と言っているそんな本でも3分で理解できますか?草 なんですかこれ 「瞬読」 言葉が出ない・・・ 100歩譲って「読めた」としましょう。 「じゃあ…

本屋に必ずある『ストレスフリー大全』立ち読みしてきました

著作権は守ります。 一か所だけ気になりました。 「コンフォートゾーンから出る」 いやいやいや・・・・ それ、危険ですよ。 comfort=【形容詞】快適な 要するに、いつもと違う、リスクを伴う行動を起こそうっていう話です。 どんな理由があれ、メンタルが不…

哲学日記 人は意識を忘れるとは言わない

ただの思考記録である。考え続けて思考にハマっても気持ち悪くならない事例もあるみたいだ。 例えば、5億円もらったら何しよう。 こういうことは愉快で楽しい。 もちろんたくさん女の子を部屋に呼びまくる。 想像するだけなら犯罪じゃないのだ。さて、ここで…