人生は草!

読書と哲学。大学院入試日記

電子書籍・国家・複製・淘汰

AmazonのKindleUnlimitedという、「本読み放題」のサービスがある。



しかし完璧ではない。
専門書が少ない。
また、1日に新しく出てくる本の量に対してカバーしきれていない。




だが、読み放題が一部の古本を淘汰したと言える。
それは「複製」という機能が果たした。
複製による淘汰。



お金も「複製」できる。
国家の破綻を考えてみる。




やはり国の機能が部分的に「複製」され、淘汰される。
お金の複製は関係なく、機能の「複製」が関係していそうだ。
古本がコピーによって売れなくなる仕方で。
つまりは、東南アジア。中国。



これは普遍的な法則にみえる。
つづく

フラクタル構造の構想・その先について

こちらの続きです。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

僕は今、過去に残した2000弱の記事を、まとめる作業をしています。

 

nainaiteiyan.hatenablog.com

 

今までの僕のブログは「点の集合体」でした。

二次元ですらないわけです。

 

 

今は「線」を引いて繋げています。

繋ぎ終わると「面積」が生まれます。

ここでようやく「二次元」になるわけです。

 

 

しかしながら、三次元にはなり得ない。

「実践」がないからです。

 

 

つまりは、僕は今後「実践」に移行していくわけです。

いくつかプランは用意しています。

しかし、数年先になるかもしれません。

 

 

 

僕は三次元を超えて「四次元」を目指します。

それが僕の「構想」です。

つづく